Fonts

Webフォントとかアイコンフォントなどいろいろ。

Font Awesome 5

いろいろ変わったようで…
とか使えるようになってますね。

使い方

新規で使い始める場合、この1行を</body>の直前や<head>内に追加。
最新はStart a New Projectより確認。
Freeで、なおかつ推奨されてるSGVでだとこういう設定。

<script defer src="https://use.fontawesome.com/releases/v5.7.2/js/all.js" integrity="sha384-0pzryjIRos8mFBWMzSSZApWtPl/5++eIfzYmTgBBmXYdhvxPc+XcFEk+zJwDgWbP" crossorigin="anonymous"></script>

あとは使いたいフォントをIconsから探して、使いたいところにこんな感じで貼るだけ。
classのfa-2xは大きさ指定。

<i class="fab fa-2x fa-twitter"></i>
<i class="fab fa-2x fa-facebook"></i> 
<i class="fab fa-2x fa-google-plus"></i> 
<i class="fab fa-2x fa-pinterest"></i> 
<i class="fab fa-2x fa-get-pocket"></i>

TwitterとかFacebookのアイコンだと、やっぱり公式カラーにしたくなったり。BrandColorsのような資料もあるし。
CSSで各色を設定。

.twitter {
    background: #55acee;   
    color: #ffffff;
}
.facebook {
    background: #3b5998;
    color: #ffffff;
}
.google {
    background: #dd4b39;
    color: #ffffff;
}
.pinterest {
    background: #bd081c;
    color: #ffffff;
}
.tumblr {
    background: #36465d;
    color: #ffffff;
}
.rss {
    background: #ff8c00;
    color: #ffffff;
}
.pocket {
    background: #ef3f56;
    color: #ffffff;
}

で、それぞれにclass指定。

<i class="fab fa-2x fa-twitter twitter"></i>
<i class="fab fa-2x fa-facebook facebook"></i> 
<i class="fab fa-2x fa-google-plus google"></i> 
<i class="fab fa-2x fa-pinterest pintest"></i> 
<i class="fab fa-2x fa-get-pocket pocket"></i>

あとはclassを付加すれば色も変わる1

文字幅を揃える

アイコンによって幅が違う。
Twitter
Facebook
Google+
Pintest
Pocket

揃えるにはclassにfa-fwを追加するだけ。
Twitter
Facebook
Google+
Pintest
Pocket

合わせ技

<div class="fa-layers fa-fw fa-4x">
    <i class="far fa-thumbs-down" data-fa-transform="shrink-6"></i>
    <span class="fas fa-ban" style="color:red"></span>
</div>

<div class="fa-layers fa-fw fa-4x">
    <i class="fab fa-line" style="color:#00c300;"></i>
    <span class="fa-layers-counter" style="background:orange">1,024</span>
</div>

<div class="fa-layers fa-fw fa-4x">
    <i class="far fa-envelope" style="color:darkgray"></i>
    <span class="fa-layers-counter" style="background:orange">256</span>
</div>

<div class="fa-layers fa-fw fa-4x">
    <i class="fas fa-phone-volume" data-fa-transform="rotate-210 shrink-3 flip-v flip-h" data-fa-mask="fas fa-circle" style="color:dodgerblue;"></i>
    <span class="fa-layers-counter" style="background:orange">13</span>
</div>
1,024
256
13

…なんか嫌ですなぁ。

CSSやSCSSで使う

ここでの説明も二転三転してますが、現時点で。

今回はこういうのを作るための設定で。
引用部分を引用符で囲ってしまいたいというやつです。

display: none;で消すのは、先ほど説明したようにSVGに置換されるため疑似要素があると2重でアイコンが表示されるため。SVGとセットで<i>タグも生成されるため、一緒に消しておくことを忘れずに!

スタイルを当てるときはSVGタグ(.svg-inline–fa)に色なりマージンなり追加して下さい。
アイコン読み込みがJavaScript+SVG描画に変わった「Font Awesome 5」に変更してみた

まずはblockquoteの前後を。
SCSSなので、CSSで使いたい人はSass maisterで変換すると吉。

blockquote {
    position: relative;
    font-style: italic;
    background: #f5f5f5;
    box-shadow: 0 2px 4px rgba(0, 0, 0, 0.14);
    padding: 20px !important;
    border-left: 0 !important;
    margin: 0 !important;
    font-size: $type-size-6;
    &::before {
        font-family: 'Font Awesome 5 Free';
        font-weight: 900;
        content: '\f10d';
    }
    &::after {
        font-family: 'Font Awesome 5 Free';
        font-weight: 900;
        content: '\f10e';
    }
}

普通にやればここに書式設定を入れてしまえばいいのですが、一筋縄ではいかないのがSVGというやつなので。
さっきの設定でFontAwesomeのほうでアイコンに変換してくれてるので、それに書式設定を。

   .fa-quote-left {
        position: absolute;
         opacity: 0.1;
        top: 0px;
        left: 10px;
    }
    .fa-quote-right {
        position: absolute;
        opacity: 0.1;
        bottom: 0px;
        right: 20px;
    }
}

最初の説明に出てきた::before::afterにはdisplay: none;を追加し、生成前のは見せないようにしないといけないのです。
それプラス、その他書式を整えたり、WikipediaやTwitterの引用だとアイコンを出すように付けたりして、こんな感じになりました。
一部、使用しているテーマで使われてる変数があるので、適当に読み替えてください。

ブランドロゴはfont-family: "Font Awesome 5 Brands";だけでいいけど、矢印だったりの普通の(?)アイコンを使う時は、

font-family: "Font Awesome 5 Free";
font-weight: 900;

というふうにfont-weightを900に設定するのが必須。

Material Icon

Font Awesomeに無いアイコンもいろいろ。
cast fingerprint phonelink_lock g_translate

Material Icon Guideにある通り、画像としても使えたりする。
とりあえず今回はWebで使いたいので、<head>~</head>内で呼び出し。

<link href="https://fonts.googleapis.com/icon?family=Material+Icons" rel="stylesheet">

あとは使いたいアイコンを選んで、ニョキッと出てくるIcon Fontコードをコピーし、使いたいところに貼るだけ。 Material Icon Select

<i class="material-icons">cast</i>
<i class="material-icons">fingerprint</i>
<i class="material-icons">phonelink_lock</i>
<i class="material-icons">g_translate</i>

IcoMoon

Font Awesome, Material Iconにもないブランドフォントがあったりする。しかも色付き。

IcoMoon Libraryから、Blandsを追加。 IcoMoon Library

欲しいアイコンを選択。 IcoMoon Brands Select

Generate Fontから、判りやすいようにラベルを変更してダウンロード。 IcoMoon label

解凍したファイル群を、階層を維持したままで移動。でもって<head>~</head>内でicomoon/style.cssを呼び出し。

<link rel="stylesheet" href="/assets/icomoon/style.css">

使いたいところに貼るだけ。

<span class="icon-hatebu"></span>
<span class="icon-line"></span>
<span class="icon-auth0"></span>
<span class="icon-playstation"></span>

前述のMaterial Iconと、Google Fonts, Google Font + 日本語早期アクセスと全てGoogle系なので、要領は一緒かと。

Google Fonts

ここからFebフォントを。

一覧からフォントを選ぶ(複数可)。
数がかなり多いので、右側のCategoriesで絞っていくと吉。 Google Fonts list

いつの間にか日本語フォントも。
後述の「Google Fonts + 日本語 早期アクセス」も一部含まれている。 Google Fonts list Japanese

選んだら下の方にこういうのが出てくる。 Google Fonts list

引っ張り出して、スタンダードなやり方で使ったりとか。 Google Fonts standard

@importなやり方で埋め込んでみたり。 Google Fonts import

Google Fonts + 日本語 早期アクセス

一部はGoogle Fontsに含まれてるけど、飛び道具的なフォントはこっち側にしかない。
一覧からフォントを選ぶ。 Google Fonts japanese list

さわらび明朝を選んでみた。右側にちょこんと埋め込み方が。
説明画像はちょこんなんて感じじゃないけど。 Google Fonts sawarabo

他にもいろいろあるけど、条件付きで無料とか、レンタルサーバで使えるやつとか、ちょっとめんどい。

  1. 都合上、ここでの実際のソースでは直にi class="fab fa-twitter" style="color:#1da1f2;"></i>という感じで指定してます。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。次の印のある項目は必ず入力してください : *

Loading...