Jekyll Theme

未だに勉強中。とりあえずリンクだけ張っていく。

Jekyll用テーマ

あちこちにいろいろ。
jekyllthemes.io

当方はMinimal Mistakesを使うことに。  

Minimal Mistakesを導入

インストール

Minimal Mistakesからインストール。

$ git clone [email protected]:/minimal-mistakes.git

Quick Start Guideを参考に、要らないファイルを削除。

Gemfile書き換え。
で、コマンド実行。

$ bundle update
$ bundle exec jekyll serve

エラーが出たので、潰していく。

エラー潰し

エラーメッセージを見ると、gem installしたやつがバージョンに合わないらしい。
gem list hogeで確認して、合わないバージョンのはgem uninstall -v x.x.x hogeで削除。

今度はNo GitHub API authentication...というエラーが出てきた。
“No GitHub API authentication” error #399を参考に、 _config.ymlに追記。ついでにもう一個手直し。

まだ出る…今度はinvalid byte sequence in Windows-31J...なエラーが出てきたので、 [ruby]jekyll server で 『invalid byte sequence in Windows-31J~』とエラーになった時の対処方法を参考にし、環境変数RUBYOPT-Kuを設定。

設定

minimal-mistakes/docs

公式サイトを見ながら_config.ymlの構成を見て設定を確認しつつやってみたら、ブログっぽいものが作れるように。

おまけ? soloを導入する場合

soloもやってみたので、メモ。
Fork A Repoを見つつ、まずはFork (ってよく判ってない)。
その後コマンドで引っ張ってくる。

$ git clone https://github.com/user-name/solo

で、真っさらから作ってみる。

$ git init
$ jekyll new your_repository

“new”ってくらいなので、既にコンテンツがある場合は怒られる。
jekyll new -f your_repositoryで。

おまけ? その2 Agus Makmunを導入する場合

Agus Makmunも基本的にはSoloと同じようにいけた。
ただ、Jekyllさんに小言を言われないように、gems:plugins:に書き換える。

Updated:

Leave a Comment

Leave a Comment